タクシー運転手の仕事とは

どこかへ移動する際にタクシーを利用するという人も多いでしょう。街中を走るタクシーは、大変便利なものですよね。タクシー運転手の仕事は、周知のとおりお客さんを目的地まで送り届けることにあります。電車やバスとは違い、決まった場所に送り届けるわけではありませんので、ある程度の土地勘が必要になってきます。また、場合によっては長距離移動になることもあります。そのため、運転に慣れている、運転が好きだという人が向いているでしょう。

タクシー運転手の給料は?

タクシー運転手の給料はどのようになっているのでしょうか。ほとんどのタクシー会社の場合、低い固定給に歩合制というスタンスを取っているところが多いです。そのため、稼ぐ人は年収1000万円を超える一方で、あまり得意としない人は300万円にも届かないということも珍しくはありません。タクシーを利用する人が多そうな駅前、飲み屋街などを走らせて、より多くの利用客を送り届けることで年収が大きくアップするといえるでしょう。

タクシー運転手の特徴

タクシー運転手の特徴としては平均年齢が高いということにあります。定年が一般の仕事よりも高く設定されていますので、リタイア後に再就職する人も珍しくはありません。また、勤務形態は基本的に1日中働いて1日ないし2日の休みを取る形になります。月の最大稼動は13日という規定がありますので自由度が高いように感じる人もいるかもしれませんが、その分1日中車を走らせることになりますから、それなりの体力が必要とされます。

運転手派遣のサービスでは技術の高いドライバーを派遣して貰えるので、即戦力で人手が欲しい場合には重宝します。