「広告代理店」とは…?

代理店の代表的な種類としては、「広告代理店」「旅行代理店」「保険代理店」の3種類を挙げることができますが、まずは「広告代理店」を紹介します。代理店という言葉を聞くと、まず広告代理店のことを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。「広告代理店」の主な業務は、新聞社やテレビ局、ラジオ局といった広告枠を売りたい会社と、広告を載せたい会社等を仲介することです。そして、仲介した両者の委託を受けて広告を制作したりするんですよ。

「旅行代理店」とは…?

「旅行代理店」は、他社の旅行商品を扱っている会社で、旅行会社や旅行業者とも呼ばれています。そして、「旅行代理店」の業務は色々あるんですよ。たとえば、宿泊施設の手配やパッケージツアー、交通機関の手配、外貨の両替、ビザの申請代行などです。「旅行代理店」は、会社によって取扱の種類に違いはありますが、こうした業務を色々と扱っています。また、最近では実店舗だけはなく、オンラインで旅行商品を販売している「旅行代理店」もありますよ。

「保険代理店」とは…?

「保険代理店」は、保険会社から委託を受けて保険商品を販売している会社です。「保険代理店」には、一社の保険会社の保険商品を専門に販売している「専属代理店」と、複数の保険会社の保険商品を販売している「乗り合い代理店」があります。また、ファイナンシャルプランナーとして独立して働いている人の中には、個人で保険商品を販売している人もいますよ。そして、「保険代理店」で保険の契約をすることは、複数の保険を一元的に管理することができる、保険の相談がしやすい、といったメリットがありますよ。

商品やサービスを代理で販売してもらうことができる販売代理店は、代理店の募集サイトなどの専門のサイトを利用すれば集まりやすいです。