倉庫での在庫管理は必要不可欠

部品、製品、食料品、材料、あらゆる物の売買には在庫というものが必要不可欠です。食べ物や料理などはお客の注文に合わせて作られるものの、冷凍食品や日持ちのする材料は倉庫に保管して在庫管理することが出来ます。私たちが生活する上では毎日何かしらの物を買っている訳ですが、在庫が取り揃えてあるからこそ、品切れを起こさずいつでも消費者の手に届くようになっているのです。消費期限や賞味期限、類似品番にも注意して倉庫は在庫を管理しているのです。

倉庫作業はまるで神経衰弱

神経衰弱というトランプゲームがありますが、引いたカードを注文書、めくるカードを品物と考えると、注文書に対してその品物を出庫する倉庫作業は、ゲーム感覚もあります。乱雑に並んだカードで神経衰弱をすれば、難しいのは尚のこと、どこに何があったのか覚えていなければいけないので大変です。これは倉庫にも同じことが言えます。整理整頓、定置管理がすすんでいる倉庫ほど、出庫や入庫、出荷においても異常か正常かの判断が一目です。整理された環境なら作業精度の高い倉庫運営が可能なのです。

この先、進化してゆくだろう倉庫の姿

昔ながらの古い倉庫は見た目が古いさびれた倉庫を指すのではなく、伝票を元に人の目視によって入庫をしたり、出庫をしたりする人為ミスが発生してしまう倉庫を言います。人に間違いは付きもの、間違いをなくすために正しい作業を教育するのも、倉庫業務の一環ですが、出庫や入庫を自動にやってくれる機械を導入してしまえば、出庫でも入庫でも、不適合や数量違いのケアレスミスをグンと減らすことが出来るでしょう。このような機械は自動ラックシステムと呼ばれ、倉庫の未来形と言えるでしょう。

倉庫には多くのものを保存しておくことが出来ます。例えばスーパーマーケットならば生鮮食品がそれに該当します。