日常的に気遣いが必要

シェアハウスとは一つ屋根の下で共通の目的を持つ人同士が共同生活を送ることをいいます。血縁や地縁は関係なく、高い家賃を折半するためだとか、一人暮らしに不安であったりなどと、シェアハウスごとに目的も様々ではあるのですが、共同生活を送るのは家族ではなく、仲が良い場合でもあくまで他人同士であるために、互いの距離感を保ちながら気遣い合うことが求められます。人間関係が破たんしてしまった場合には、シェアハウスでの生活そのものが成り立たなくなってしまいます。

仲間でありながら他人でもある

シェアハウスで共に暮らす仲間との距離感は非常に大切です。もちろん人によってそれぞれ距離感というのは変わってくるでしょうが、近すぎず離れすぎずという微妙なラインを守る必要があります。そうするためにもシェアハウスで定められている規則をきちんと守り、仮にゴミ捨てなどが分担されている場合には率先して行なうなど、日頃から互いに不満が生まれないように注意をする必要があるといえるでしょう。こうした気遣いこそ、共同生活を続けるマナーなのです。

互いに支え合うことも重要

共同生活を送る上で、互いに支え合う部分も多くあります。家賃や光熱費を折半するなどの経済的な点もそうなのですが、日頃の生活の中でも家事などを分担することもありますので、個々の負担を減らすことができます。このようにして互いに支え合う関係を築き上げていくのです。こうした関係がなければ心の距離も近づけませんし、精神的な負担も増加するだけです。シェアハウスごとに設定されている規則をきちんと守り、支え合う気持ちを持つことが重要なのです。

シェアハウスとは、リビングや台所、浴槽などを共有する共同生活のスタイルのことです。女性専用もあるので女性も安心できます。